最も成功しているスケーター(トニー・ホーク)が起業について語る

スケートボード会のレジェンド、トニー・ホーク氏が”entrepreneur”にてビジネスについてインタビューを受けていました。トニー・ホーク氏はスケートボードのxgamesで初めて900を成功させたレジェンドですが、現在、高い成功を収めているビジネスマンです。

tony_hawk

ビジネスをしつつ、スケートボードコンテストでも優勝

トニー・ホーク氏は、当時、起業をしてビジネスをしつつ、xgamesに参戦していました。


そこで何度も優勝をするものですから、自分自身が広告塔にもなり、ビジネスの認知度も上がっていきました。


ビジネスでは、起業当初から多くのことを手掛けてきました。
スケートボード、アパレル、ビデオゲームまで様々です。


スケートボード業界は佳境に入っていましたが、自身が活躍することで人気も復活していきました。






ビジネスで成功するにはコア戦略が有効




トニー・ホーク氏はこれまでのビジネスを振り返って以下のことを語っています。

「自分はアーティストでもないし、広告マンでもない、ビデオ制作者でもない。
自分自身がスケートボードで皆に影響を与える良きスケーターでなければいけないのです。」



大会で好成績を収めたからこそ、自身の人気が高まり、その結果、関連ビジネスが成功したのですね。


ビジネスでも仕事でも、コアとなるものや強みがあり、それらを高めることこそが良い結果をもたらすのでしょう。


Source:entrepreneur

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です