健康志向のスケーター

プロスケーター、ニーン・ウィリアムスが完璧な生活を送っています。若い頃は毎晩パーティーで飲みまくり、日中は寝るだけの日々でスケートボードをする時間をとれなかったほど。このような変化が起きたのは、長くスケートボードがしたいと思ったからです。パフォーマンスを維持するには体のメンテナンスが不可欠なのです。

長くスケートボードのパフォーマンスを磨き続けるには体のメンテナンスが必要






プロスケーターのニーン・ウィリアムスは、若い頃は体のことなんて何も考えていませんでした。


毎晩パーティーをして飲み明かし、日中は寝ているだけで、熱心にスケートボードをする時間がありませんでした。


もちろんストレッチもしないし、ウェイトトレーニングもしない。


アルコールは飲むしタバコも吸う。


体に悪いことばかりをしていました。


でもこれは他の多くのスケーターも同様で、彼が特別というわけではないのです。


身体能力が直接影響するスポーツではないため、才能があればある程度のパフォーマンスができてしまうのです。


でも、それだけでは若いうちしかスケートボードができません。


ずっとスケートボードを続けるには体のメンテナンスをしなければいけないということに彼は気付いたのです。


朝食にはアサイーボウルにグリーンスーパーフードを摂ります。


ストレッチを入念に行い、ダンベルでウェイトトレーニングもします。


タバコは吸わない、酒も飲まない。


まさに完璧な健康生活です。


ジャンプをしたりするのに逞しすぎる筋肉は必要ないけれど、自分の体をコントロールするのには筋肉に刺激を与えることは必要なのです。


だから健康な体を作ることに熱心になっています。






アサイーボウルとグリーンスーパーフード






動画の中でアサイーボウルとグリーンスーパーフードが出てきます。


アサイーボウルは栄養価が高いことで有名です。


また、抗酸化作用を持つポリフェノールも豊富に含まれていますので、アンチエイジングにも最適です。


ただし、美味しい反面、糖質は含まれていますので、体を活発に動かす人ならば問題ないのですが、これを摂取することでダイエットできるというわけではありません。


栄養価が豊富でエネルギーを蓄えることができ、体に悪いものが入っていないということで、1日を健康的に元気に過ごせるということですね。


もう一つのグリーンスーパーフードは何なのかというと、要するに青汁ですね。


青汁といえば正に健康食品です。


青汁にはビタミンCが多く含まれており、美容に良いということは広告の決まり文句です。


それだけではなく、注目すべきはビタミンB1です。


青汁にはビタミンB1も多く含まれています。


ビタミンB1は、疲労回復に効きますので、若くもないのにスケートボードをやりすぎた場合でも疲労を次の日に残しません。


この原理は、ビタミンB1が食事から摂った糖質をエネルギーに変換する作用があるのですが、その過程で疲労物質である乳酸も分解されます。


このようにして、疲労物質が体内に残らないように作用するのがビタミンB1なのです。


青汁といえば不味いイメージが先行してしまいますが、最近では飲みやすくて美味しい青汁も出ています。


例えば、豆乳とブレンドしている青汁です。


豆乳でまろやかな味わいになっていて、臭みがなくて、グリーンティーのように飲むことができます。


歳をとってくると、次の日に疲れを残さないようにすることはとても重要なことです。


仕事に支障が出ない程度に体を動かすといっても、その程度ではストレスを発散できるはずもありません。


そこで、思いっきり体を動かしても疲れが残らないよう自分の体と向き合ってやる必要があるのです。


その方法は上記のように健康食品を摂り入れることでもできるし、ストレッチやマッサージを入念に行うことでもできます。


歳をとると、体を放置してはいけないのです。

伊藤園 毎日1杯の青汁 (紙パック) 200ml×24本

新品価格
¥1,380から
(2017/9/3 10:31時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です