Vansよりギルバートクロケット2がリリース

Vansで最も人気のある商品の一つであるギルバートクロケットの第2弾のシューズがリリースされました。2017年にカラーが刷新されて再登場です。Vansホームページによると、ブラック、グレー、ブルー、レッドの4色が見られます。Vansの一部のプロモデルでは最高レベルの技術が使われているので注目せざるをえません。

ギルバートクロケット2がリリース






Vansは次の通りギルバートクロケット2をリリースします。


色は従来のガンメタル/グレイ、ホワイト/ブラックの他、ヴァンズクロケットプロ2では新しい色も発売され、アウトソールを改良してヴァンズのWafflecup技術による最新の機能を利用できるようになりました。


これはあらゆるスケートボーダーにとって抜群のサポートとボード感覚を提供します。


ギルバートクロケット2のさらなる特徴として、つま先のキャップを覆っているスエードの縫い目が見えないことが挙げられます。


これによりヴァンズが誇るDuracapの能力を最大限に発揮することができます。


ここでVansによる2つの技術が出てきました。


WafflecupとDuracapです。






Wafflecupとは






Vansの革命的なWafflecup構造は今日のスケートボーディングにおいて、カップソール(シューズの製法で、大雑把に言うと底が厚く覆われているタイプ)のサポートをします。


カップソールはゴツい作りになることが一般的ですが、グリップ力やボード感覚を損なうことなく製造することができます。


上図のようなカップソール形式で製造されますが、Wafflecupソールを採用することで、カップソールの弱点である足裏の感覚を取り戻すのです。


つまり、カップソールによって防御力を高めながらも、しっかりとしたボードコントロールができるという良いとこ取りの技術というわけです。






Duracupとは






Duracapは、靴の上の部分、上の図の白い部分のゴム敷きです。


これはVansのプロチームの酷使に耐えるよう開発されました。


そして、強い耐久性を提供できるようになったというわけです。


これにより時間のお金の節約ができそうです。


Duracapがあるのとないのとでは大きな違いがあります。


耐久性が低いシューズだと、ちょっとオーリー系の技をしただけで傷んでしまいます。


でもDuracapが採用されていると、多少酷使しても長い間耐えることができるので安心して練習することができます。

(バンズ) VANS メンズスニーカー・靴 Gilbert Crockett Pro 2 Antique White 8 26cm D – Medium [並行輸入品]

新品価格
¥16,900から
(2017/9/6 20:05時点)








まとめ



スケートシューズで重視する点は、耐久性と操作性でしょう。


その点については、ギルバートクロケット2は十分にカバーしていると言えるでしょう。


Vansの全てのモデルでこれらの技術が採用されているわけではありません。


一部のプロモデルのみ採用されています。


シューズ製造の技術的な部分についてメーカーによって独自の技術があります。


ここでは、カタログ程度の説明になりますが、いつか資料を集めて勉強してまとめたいなと思います。


Source:theskateboardmag

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です