Vansよりポストモダンシューズ?のウルトラレンジプロをリリース

Curren Caples はスケートの未来として認められる究極のポストモダンスケーターです。今ここに、Vansのいくつもの最新技術を結集して、ついに彼のスケートスタイルに負けないくらいのシューズの開発に成功しました。Currenもこのウルトラレンジプロのフィット感に満足しています。

究極のポストモダンスケーター Curren Caples






オハイオ州アクロン生まれ。


5歳のとき、カリフォルニア州ベンチュラに移り、すぐに海岸での生活に慣れる。


「サーフィンとスケートは私にとってかけがえのないものです。」と、Currenは言ってるように、彼はサーフィンとスケートの二刀流です。


ちなみに、Currenという名はサーフィン世界チャンピョンの名前から取っています。


「スケートとサーフィンは私の生活になくてはならないもので、やらなかった記憶がありません。関係も強いしね。スケートはサーフィンから来てるし。」


Currenのスケートとサーフィンのスタイルはよく噛み合っていて、彼にとって違うのはコンクリートの上でするのか、海の上でするのかだけです。


フリップスケートボードと2013年でのVans加入以降、Currenは波を作ってきました。


そのため、彼はスケートボードの将来を担うものとして認められています。


多くのプロスケーターがアスリートのような生活をして、トレーニングもやりだした一方、Currenは独創性と探究心の追求をしました。


彼はいつも手にカメラを持っていて、道路上できままな生活を写しています。


「スケートボーディングは全く独創的だ」と、彼は言っています。


「みんな自分のスタイルを持っていて、私がスケーティングで自分のスタイルが良いと感じたら、それは良い手柄です。スケーティングでもう一つ素晴らしいことは、本当に良い場所にトラベルできることで、いくつも印象深いところがありました。そこで自慢できるような素晴らしい写真をとることができるのです。」


このような生活には調和があり、そして、ポストモダンプロライダーは新世代のスケートシューズとともに引っ張っていくべきだということは当然です。






初めて履いただけでもフィット感抜群のウルトラレンジプロ






Vansがウルトラレンジプロをリリースしました。


Currenのような限界を越えようとする人の要求に応えることができるパフォーマンスを備えています。


長く履きこなさなくても足とデッキを程よく馴染ませることができる革新的な技術を備えた頑丈な新しいスニーカーです。


技術の一部を紹介すると、まず初めに、新しいアウトソールを加えてオリジナルのワッフルガムベースでつなげることで、深いクッション性とグリップ感を実現します。


滑り止めのために、中に縫い目のないLuxLinerがあり、通気性のあるタンで仕上げています。


これにより、一度履いただけで、足にフィットして高い操作性を持つことができます。


ここで、インソールや通気性のあるタン、クォーターパネルなどは他のスポーツシューズでも当たり前のように見られる機能ですが、実はスケートボードシューズが発祥なのです。


だから、耐久性や快適感、操作性といった最高の技が詰まったスニーカーを最初に履くことができるのはスケーターの特権と言えるでしょう。

(取寄)VANS(バンズ) スニーカー ウルトラランゲ プロ メンズ VANS Men’s Ultrarange Pro Blanc/Black

価格:22,700円
(2017/9/8 21:31時点)
感想(0件)




Source:huckmagazine

“Vansよりポストモダンシューズ?のウルトラレンジプロをリリース” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です