スケートボーダーは何を食べるべきか?

スケートボーディングは米連邦防疫センターによると自転車やハイキング、ローラーブレーに相当する適度な有酸素運動です。少なくとも週に3回45分以上のスケートボーディングをする人は身体能力を向上させるには適切な栄養が必要です。これは自身のトップレベルのスケートボードパフォーマンスを維持すると同時に健康な体重と適切な筋肉機能をサポートします。



水分



水を飲むことは体の正常運転やスケートボーディングの運動をサポートするために肝要です。


あなたの体の水分を保つには、毎日少なくともコップ1杯(約220ml)の水を8杯飲みましょう。


スケートボードに向かう1時間前に、コップ2、3杯の水を飲みましょう。


スケートボーディングをしている間は少しずつ飲み、終わったら2〜4杯の水を飲みましょう。


これにより体から水分が失われるのを防ぐことができます。

糖質



糖質は筋肉にエネルギーを供給して、激しいスケートボーディングの動きに耐えられるようにします。


複合糖質は持続性のあるエネルギーを筋肉に供給し、後で使うためにこの栄養分を蓄えさせるには理想的です。


全粒パスタ、フルーツ、ポテト、野菜、豆科植物は複合糖質が豊富に含まれています。


毎食糖質を摂り、全力でスケートボードをする2時間程前には糖質を摂りましょう。

脂質



脂質は毎日の食事に10%程含めるべきです。


脂肪過多はスケートボードパフォーマンスを阻害しますが、適度に摂ると体に燃料を供給します。


もしあなたが1回に1時間以上のスケートボードをするなら、脂質は総消費エネルギーの大部分の源となります。


通常、敢えて脂質を求めてはいけません。


というのは、普通の食事から適量の脂質をとることができるからです。


しかし、完全に脂質を除いた食事にしてはいけません。

タンパク質



タンパク質の摂取量は十分高いので、スケートボーダーは余分に摂る必要はありません。(アメリカの食事の場合)


ここで、タンパク質は毎日の食事に12%程含めるべきです。


しかし、もしあなたが激しいスケートボーディングをしたら、あなたが必要なタンパク質は大きく増加し、体重1キロあたり約1gのタンパク質が必要です。


赤肉、魚、豆類などがタンパク質を豊富に含んでいます。


体重60キロだとすると、60gのタンパク質が必要ということになりますが、通常の食事だけでは難しいです。

ビタミンとミネラル



スケートボーダーは多くのビタミンとミネラルを摂るために様々な新鮮な食材を食べるべきです。


しかし、十分な栄養分の摂取を確保するために、年齢や性別に合わせて毎日マルチビタミンを摂りましょう。


これは食事の偏りを埋め合わせるのに良く、体に必要な栄養分を分け隔てなく摂ることができます。


もしあなたがビタミンやミネラルを欠乏していたら、スケートボードパフォーマンスに悪影響をもたらし、体自体も弱まります。

まとめ



アメリカの食事は肉類が多いのでタンパク質が不足する心配はないようですが、日本食では栄養のバランスは取れいてヘルシーな反面タンパク質が不足してしまいがちです。


日本ではとにかく糖質制限とか脂質制限が蔓延っています。


日本食が元々ヘルシーであるにも関わらず、運動によって体重を整えるのではなく、食事量を減らすことにより体重を減らそうとします。


これはあまり良くないことで、スポーツをしている人なら尚更良くないことで、このような愚かな食事方法をしていては益々貧弱な体になってしまいます。


何らかのスポーツを激しくしていると、必ずタンパク質やミネラルの不足が生じてしまいます。


それを食事だけで補うのは無理があるので、サプリメントに頼るしかありません。

ザバス ソイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

新品価格
¥3,680から
(2017/9/9 20:18時点)




Source:livestrong

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です