スケートボードの前にはストレッチ

スケートボードを始める前にはストレッチをしなければいけません。早く滑りたいという気持ちを抑えて、入念にストレッチをすることで、その日のパフォーマンスは上がるし、怪我の予防にもなります。大人はいくら柔軟性があっても子供に比べて体の使い方が硬いので、ストレッチでほぐすことはとても重要なのです。

ストレッチは転ばぬ先の杖である






スケートボーディングは体全部を酷使する運動で、多彩なフリップやトリックをする前に、体をサポートするために準備をしましょう。


スケートボーディングをする前にストレッチをしなければいけないのですが、これによってしばらく体を整えることができます。


すなわち、始める前に筋肉と関節をほぐすために優しいストレッチをすることが重要です。


ストレッチにより、これから始まる運動に耐えることができるのです。


あたりをクルージングすることや、基礎トリックをして体を暖めることもストレッチになります。


スケートボードは体の色々な部位をストレッチするためのツールとしても使えるのです。


ここにいくつかのエクササイズを例示します。

1 首と肩



腕を回してみましょう。


肘を首の後ろほうまで引っ張り、腕を首と水平に伸ばします。


これで筋肉のコリをほぐし、運動する準備が整います。


首の後ろでスケートボードを持って、体を左右に回します。


これで肩が暖まり、ほぐれます。

2 お尻



お尻をねじったり回したりしてお尻周辺の筋肉を動かします。

3 ふくらはぎ



ふくらはぎの筋肉をストレッチするとボード上でバランスがとりやすくなります。


かかとを地面に着けたままつま先を上げます。


傾斜面でこの動きをすると、ふくらはぎをストレッチすることができます。


ゆっくりと体重を前にやりながら、手を地面につけます。


これを複数回することで、ストレッチをすることができます。

4 骨盤と股関節



バランス、力強さ、柔軟性を兼ね備えるための運動をしましょう。


片方の足を前方に踏み出して骨盤と股関節に刺激を与えます。

5 足首



準備運動をしていないために怪我をしてしまう部位で一番多いのが足首です。


足首を左右に曲げたり回したりして入念にほぐさなければいけません。


これで不用意な怪我を避けることができるでしょう。






準備運動と寝る前の柔軟体操は重要






本記事では、簡単なストレッチを紹介しました。


本当に簡単な紹介なので、ここでのストレッチをしなければいけないのではなく、各自で自分に合ったストレッチをしなければいけません。


一番重要なのは足首ですが、結論を言うと、全身の筋肉をストレッチしなければいけません。


冒頭でも紹介した通り、スケートボードは全身運動なので、とりあえず足だけ動いたらいいというわけではないからです。


Source:redbull

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です