背が高い人はスケートボードに向いていないのか

平均より背が高かったり体重が重いスケーターにとって、スケートボードをするには重心が高くなったり強い力を制御しなければいけないので扱うことが難しくなります。スケートボーディングは基本的に背が低く、体重が軽い人の方が向いているので、子供に有利なスポーツと言うことができます。

大柄のスケーターは損?



スケートボードはバランスが物を言うスポーツなので、背が低い方が有利です。


でも、身長を理由に子供達にスケートボードを勧めないという行為は正しくありまえん。


なんといっても、プロスケーターのトニー・ホークやアンドリュー・レイノルズは高身長です。


背が高い人はスケートボードをマスターすることは単純に考えて難しくなりますが、それがスケートボードをしないと決定すべきではありません。


バランスや推進力の理解を深めると、大柄なスケートボーダーは、操作するのが難しいボードではなくて大きくて広めのボードを選びがちです。


これはスケートボードのプロセスを学ぶために重要なことですが、全てのスケートボーダーに言えることですが、特に大柄なスケートボーダーは怪我を防ぐためにプロテクターを着用すべきです。


大柄で体重が重いと、こけたときにそれだけ多くの衝撃を受けますので、怪我をするリスクが高まってしまうからです。






大きいボードは必要?



大柄のスケーターは大きくて広いボードに乗って、重心を合わせてスケートボードに乗ってもバランスを取れるようにします。


広いボードに乗ることは色々なトリックを容易にできることがあります。


特に、ランプでは広いボードが適しています。


反対に、トリックをする時には小さいボードが適していますが、大きい足はスケーティングの妨げになります。


でも、練習においては、大きい足のおかげで軽くボードを扱える可能性があります。


例えば、子供用の小さいボードで遊んでみると、意外なことに難しいトリックが簡単にできたりします。


結論としては、大柄のスケーターでも他のスケーターと同じような考えでボードを選んでいいでしょう。


極端に大きいボードでも、逆に、極端に小さいボードでもそれぞれに一長一短があります。


自分に適したサイズを選択することが賢い選択と言えます。


ただし、これでは重心の取り方の難しさについて解決できていませんね。


それは、練習で重心を確認していくか、体幹トレーニングで体を強くしていくしかありません。

大柄なスケーターは自分で身を守る必要がある



大柄なスケーターが怪我から身を守る方法はプロテクターを着用することです。


単純に考えて、体が大きいと、こけた時に高い位置から落ちてしまうし、体重により大きな衝撃を受けてしまいます。


怪我を防止することはプロテクターで対処できますが、小柄なスケーターに勝る上達速度を手にいれる方法は残念ながらなさそうです。


大柄なスケーターが上達するには、ただひたすらハードな練習をするしかありません。


Source:thoughtco





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です