スケートボードシューズのサイズ感

普段履いている靴のサイズは、人それぞれ好みがあります。ぴったりのサイズが好きな人もいれば、ゆったり目が好きな人もいます。余裕があるサイズだと脱ぎ履きが楽で、幅についてもスペースがあるので疲れにくいです。でも、フィット感がないという欠点もあります。では、スケートボードではどのサイズが良いのでしょうか。

私はスケートボードをする時は、基本的にぴったりのサイズのシューズを履きます。


先日ランニングシューズを購入する際、不思議に感じたことがありました。


ランニングのことについて全く知識が無いので、店員さんにお任せしてシューズを選んでもらったのですが、なんとシューズのサイズは普段のサイズより0.5~1センチ長い方がいいとのこと。


これには驚かされました。


私はぴったりのサイズが好きで、多少小指にも当たる感じのシューズを愛用しています。


それは、普段履きでもスケートシューズでも一緒です。


スポーツをする時はぴったりのサイズを履くことが常識だと思っていました。


でも、それはスポーツによって、また、履く人のレベルによっても異なるということを学びました。


ランニング初心者の私にとって特に重要なのが、走っても足が疲れないということ。


もしぴったりのサイズであれば、長く走っていると親指や小指が擦れて痛くなってしまいます。


それを避けるためにも、少し余裕をもたせる方が疲れにくい状態を作ることができるのです。







ランニングをする際には大きめのサイズが良いとしても、やはりスケートボードシューズはぴったりのサイズが良いと思います。


スケートボードシューズのサイズ選びの目的は、怪我をしないことと、ボードコントロールを身につけることです。


つま先に隙間があると、バランスを上手くとることができないので、不用意な転倒をしてしまう可能性があります。


また、足がぴったりとシューズにフィットしていないので、ボードコントロールもつきません。


理想のスケートボードシューズは、足と一体になり、自分の素足のように感じることにあります。


ですから、少しきついくらいに感じる方がスケートボードシューズのサイズには適していると思われます。


このことは、大半の人が感じていることですが、やはり人によっては感覚の違いはあります。


足指を大きく動かせないと嫌だと感じる人もいるかもしれません。


それがその人にとってベストサイズであれば、常識にとらわれず、好みを重視してもいいでしょう。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です