Fernando Bramsmarkインタビュー(1)

スターの資質とは何でしょうか。スターとは、その人が凄いということを知らなくても、雰囲気などで凄い人だと分かってしまう人のことです。具体的に言うと、謙虚でありながら、自信にあふれ、そしてスタイルを持っている人のことです。それらを兼ね備えているのが、Fernando Bramsmarkです。以下は、彼のインタビューです。

コロンビアからスウェーデンのマルメに移住






Fernando Bramsmarkは、1993年にコロンビアで生まれました。


それからスウェーデン人の両親に養子として引き取られ、マルメに移住しました。


兄もまたコロンビアで生まれ、私たちはマルメで育ち、今もそこで暮らしています。


兄は私よりも前に養子として引き取られ、私たちは血が繋がっていない兄弟です。


さらにスウェーデン人の姉もいます。


でも兄が養子として引き取られる前に、すでに別の家族に養子として引き取られていました。


私たちは皆血が繋がっていないのですが、今も連絡を取り合っています。


広い家族というのも良いと感じています。







コロンビアには兄の手伝いのために一回戻りました。


私が15歳の時でしたが、おそらく子供の年齢でしょう。


できる限り兄のサポートをしようとしましたが、私にとっては旅行のような気分だったので、物足りなさを感じていました。


すぐにスウェーデンが恋しくなってしまいました。


やはりスケートボードができなければつまらないですね。


私が養子として引き取られた時、スペイン語は話せましたが、スウェーデンに移ってからは一切話していません。


だからスペイン語はほとんど忘れてしまいました。


でもちょっとくらいの単語ならまだ分かります。


これはアルゼンチンのツアーで大いに役に立ちました。


Source:freeskatemag





“Fernando Bramsmarkインタビュー(1)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です