スケートボードのお供にビール?

スケートボードの後の一杯にビールはいかが?確かに運動後にビールを飲むという人はいるかもしれません。でも、意外なことかもしれませんが、スケートボードブランドとビール会社のコラボはあまり見かけることがありません。今回紹介する会社は初めての試みである可能性があります。

Hop King は2017年に二人の兄弟(Ben HopkinsonとLudi Hopkinson)によって作られたビール会社です。


彼らはブランドを代表してスケートチームの立ち上げをしています。


ビールの醸造所を構える前は、商業目的ではない家庭用の醸造キットでビールを作っていました。


その後、ヨークシャーにビール醸造所を設立したのです。


この会社のスローガンは、“EASY DRINKING, EASILY UNDERSTANDABLE, EASILY RECOGNISABLE”です。


スケートボードのための飲み物として売り込みたいようです。


映像をみる限り、アル中のおじさんという印象は受けません。


むしろ、爽やかで気持ち良さそうと感じます。





日本では結構前から若者のビール離れが囁かれています。


私が学生の頃から言われていたので、もう10年くらい若者のビール離れという言葉が一般的になっています。


そんなこともあり、私もビールは飲まないし、お酒もほとんど飲みません。


だからスケートボードのお供にビールを選ぶという選択肢はないかな。







あるとしたらコーヒーです。


寒い時期にスケートボードをして、その後カフェで甘いカフェラテを飲むとほっとします。


夏は大量に汗をかくからスポーツドリンクですね。


だから年間を通してスケートボードの後にビールを飲むという選択肢がありません。


お酒好きのひとなら運動後の一杯としてビールを飲みたくなるのかもしれまえんね。


ビールが好きな人が、カラカラの喉にビールを飲み干し、「カーッ」って言うあの感覚。


私にはよく分からないので羨ましくも思います。


Source:sidewalkmag





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です