《まとめ》バートランプでのドロップインのやり方

トニーホークがバートランプでのドロップインのやり方について動画で説明しています。動画の内容についてまとめてみました。
バートランプがある環境はあまりありませんが、これほどの角度のランプでドロップインをすることができたら、ミニランプでのドロップインは簡単なものです。一番難しいレベルでの基本を学ぶことは参考になるかと思われます。



バートランプでドロップインをする時に準備をすること



バートランプや垂直になっているボウルのプラットフォームからドロップインをする時にはプロテクターを着用します。


ニーパッドやヘルメットです。


特にヘルメットは必須です。

なぜドロップインをするのか?



率直に言うと、スピードをつけるためです。


もしボトムからスタートして、漕いで漕いでスピードをつけていくとしたら、パンピングをしなければいけないので、足が疲れて大変です。


てっぺんからドロップインができたら、苦労せずにスピードをつけてスタートすることができます。

どの時点でドロップインの練習をしたらいいのか?



まずはボトムからスタートして、壁のてっぺん付近まで漕ぐことができるまで練習します。


それから、テールロックやテールタップなどテールを踏む余裕ができたら、十分にランプの角度やスピードにも慣れていると想定されるので、ドロップインができる段階になっています。


下から漕いでてっぺんまで到達して行き来することが良い練習になる理由として、てっぺんからボトムまでの距離を覚えることもあります。


このようにランプの滑走に慣れてしまうと、ドロップインは難しいことではありません。


体を前に倒して、ドロップするにつれて体重を移動させるだけです。






ドロップインのやり方



やり方は至って単純で、次の通りです。


テールをコーピングにかけて、後ろ足を乗せ、前足も乗せます。


この時、少し膝を曲げます。


余裕を持たせるために、深くは曲げません。


では、もう少し詳しく見ていきましょう。


テールはコーピングにかけて足を乗せますが、ノーズにはドロップすると決めた時に乗せます。


行くと決めたらためらわずに行きましょう。


そうでないと、体重が後ろにかかってしまうからです。


躊躇しているとすぐに体重が後ろにかかって、前輪を踏めないので失敗してしまいます。


ただし、自信過剰すぎるのもいけません。


前輪を踏み込み過ぎて、そのまま前のめりに落ちてしまうことがあります。


前輪を踏みながら、体重も前輪が着地する方へ移動させなければいけません。


それから体重を両足に配分させます。


でも、少し前足の方へ重心を傾ける感覚で行います。


もうひとつ、よくある間違いは、膝を伸ばしてしまうことです。


膝が伸びていると体重移動がうまくできません。


だから前や後ろに落ちてしまいます。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です