《まとめ》spencer nuzziによるhow to キックフリップ

キックフリップのやり方についての動画です。この動画ではキックフリップについての基本的なやり方を説明しています。見ての通り非常に綺麗なキックフリップを披露しています。ただやり方を説明するだけではなく、恐怖心を克服するためのアドバイスもしてくれています。キックフリップについて悩んでいる人は参考にできるでしょう。



キックフリップとは



グーグル検索すると出てきますが、キックフリップはジャンプしている間に足で板を一回転させてから着地するトリックのことです。


要は、テールを弾いてフリップして着地することです。


キックフリップの練習が有効なことの理由として、この技から色々な派生技ができるということです。


ジャンプ系トリックの原点はオーリーですが、オーリーができるようになると、トリックの可能性が広がります。


そこからさらにキックフリップをマスターすると、さらにトリックの可能性が広がります。


このように多彩なトリックができるようになるので、後にキックフリップを習得できて良かったと感じるでしょう。






キックフリップのやり方



では、どのようにしてキックフリップをしたらいいのでしょうか?


トリックの動き自体は単純です。


テールをポップさせて、ジャンプして、キックして、着地するだけです。


この動きはもう少し詳しく説明することができます。


でも、あまり複雑に考えてしまうことも良くないので、イメージとして分かりやすく示していきます。


まず、キックフリップを練習する前提として、綺麗なオーリーを習得しておくべきでしょう。


なぜなら、キックフリップはオーリーと同じタイミングで、同じようなモーションで行うからです。


足のスタンスについてですが、後ろ足はオーリーと同じようにポップさせるため、オーリーと同じところに置きます。


前足は少し角度をつけて後ろのボルトが下にくるくらいのポジションに置きます。


これでスタンスが決まりました。


バランスを保つことができ、キックフリップに入ることができます。


同じような動きをするオーリーについて振り返ってみると、オーリーでは足全体をノーズ方面へすり上げていきます。


でも、キックフリップではつま先を使って回転を加えて板を回します。


ここはオーリーとキックフリップで大きく異なるところです。


ノーズをキックする際に気をつけなければいけないことはタイミングと抜き方です。


低すぎる位置で前足がエッジを離れてしまったら、その位置で一回転させるのは難しいです。


彼のつま先のスライドの様子と斜め方向への抜き方を見てください。


このモーションは板を一回転させるためで、こうすることでフリップすることができるのです。


板が十分に回らないならもっと強く抜けばいいし、回りすぎるなら弱く抜けばいいのです。






練習してもキックフリップができないとき



キックフリップを習得することは簡単ではないので、メイクするには時間がかかります。


だから、このトリックの練習でストレスを溜めないでください。


練習に行き詰まった時の対策を紹介します。


それは、安全な場所で練習するということです。


例えば芝生の上です。


そこなら怖がらずにジャンプのリズムをつかむことができます。


ストリートで練習する前に安全な場所で練習しましょう。


ストリートで行うのは、芝生で乗れるようになってからにしてみましょう。


こういったジャンプトリックで怖いことはもちろん着地です。


着地のリスクを減らすことはとても重要なことです。


板の前で乗ってしまったり後ろで乗ってしまったりすると、当然こけてしまうので、コンクリートの上では思い切って練習できません。


だから、安全なところで安定して着地できて、バランスをキープするとができてはじめてコンクリートの上でやりましょう。


それなら怖くないでしょう。


芝生の上でやってきたことをその通りやりましょう。


練習ではスタイルやキャッチのかっこよさについて心配しなくてもいいです。


それは習得してから追い求めていけばいいことです。





“《まとめ》spencer nuzziによるhow to キックフリップ” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です