《まとめ》spencer nuzziによるhow to ヒールフリップ

spencer nuzziのハウツーシリーズで、キックフリップに続きヒールフリップです。キックフリップと同じで、板を一回転させて着地するだけなので動き自体は単純です。動画では回転させるこつと練習方法について紹介しています。



ヒールフリップとは



フリップ系のトリックを習得したいなら、まずはボードがどのような動きをしてどのように回転するのかを知る必要があります。


フリップ系トリックでは、ボードは基本的に内側か外側に回転します。


ヒールフリップは最も基本的なフリップトリックのひとつで、簡単に言えばキックフリップの反対です。


キックフリップはボードが体の内側に回転しますが、ヒールフリップは体の外側に回転します。


どちらが難しいのかではなく、人によってどちらの回転が得意か分かれるのです。






ヒールフリップのやり方



キックフリップとヒールフリップは動作の流れが同じです。


テールをポップして、前足でフリックして回して、着地する。


キックフリップが分からないなら、前回の記事を参考にしてください。


How to キックフリップ


キックフリップとヒールフリップの違いをおさえながら、ヒールフリップの練習に入っていきましょう。


まずはスタンス位置から見ていきます。


キックフリップのスタンスは既に知っているものとして説明します。


キックフリップはどちらかというとバランスを取ることが難しいスタンスになります。


でも、ヒールフリップの場合はキックフリップに比べて立つことが簡単になります。


ヒールフリップではボードの真ん中に重心を置きやすいのです。


だから前足を置く際にバランスを崩すことも少なくなります。


足の置き方は次のとおりです。


前足はボルトの下あたりでべったりと乗せます。


通常のスタンスよりも、つま先をボードのエッジに掛けるくらいに前に置くことによってかかとでフリックしやすいようにします。


次は後ろ足についてです。


キックフリップやオーリーの場合はボードの真ん中につま先がくるように置きますが、ヒールフリップの場合は少し背中側に寄せます。


前に突き出した前足と、後ろに移動させた後ろ足でバランスが保たれています。


以上がスタンスです。


スタンスが安定したらポップしてヒールフリップを行います。


次はかかとの使い方についてです。


基本的にはオーリーと同じです。


テールをポップしてから前足を擦り上げていきます。


違うところは、ヒールフリップの場合は擦り上げた足をボードの外へ出すことです。


そうすることによってかかとでボードに回転をかけます。


つまり、擦り上げるところまでは同じで、擦り上げた足をそのままかかとを意識しながら外すのです。


彼によると、ヒールフリップはキックフリップよりゆっくり行うそうです。


なぜなら、ヒールフリップはキックフリップよりシューズの使える面積が広いからです。


フリックのスピードを意識するのではなく、シューズを大きく使うことを意識するのです。


でも、その分滞空時間を確保するためにキックフリップより高くジャンプする意識を持つ必要があります。






ヒールフリップのこつ



ヒールフリップで最も難しいことの一つはジャンプとフリップのタイミングです。


これができなければ綺麗に回すことができません。


この感覚をつかむことに最も時間を割くでしょう。


だから最初は着地については何も心配しないでください。


まずは回すことだけを考えてください。


回すことについてのこつが紹介されています。


前足をフリックしたらすぐにつま先の方に出してボードから外します。


つまり、ボードの上ではなくて前にジャンプして着地するのです。


ヒールフリップの練習でよくある危ない問題があります。


それは、ボードがロケットのように縦に打ち上げられることです。


そうなってしまうと、股に突き刺さったりしてとんでもないことになってしまいます。


だから綺麗に回転できるようになるまでは、無理をして着地する必要はありません。


この症状を治すには、中途半端ではなく、完全にかかとで進行方向に蹴ることです。


そうすることでボードは自然と横を向きながら回転してくれます。


注意することはボードを打ち上げながらフリックしないことです。


ボードが十分に回転しないということで悩んでいるときは、ブルースリーのキックのように前に強く蹴ってみることも対策法の一つです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です