《まとめ》spencer nuzziによるhow to ショービット

スケートパークでキックフリップや他のかっこいいフリップなどをしている人を見てあこがれることでしょう。でも、まだ経験が浅くて、そのようなことに挑戦する段階ではないけれど何かトリックを習得したい場合におすすめなのがショービットです。ショービットはポップをしないので気軽に挑戦することができます。これなら快適に練習できるでしょう。

ショービットとは



ショービットがどんなものか分からない人に説明すると、ショービットは高い技術力が必要なフリップトリックではなくて、ボードを180度回転させるトリックです。


つまり、ボードの向きを変えるだけという単純な動きです。


ショービットには、テールをオーリーのように弾くポップショービットと、テールを弾かずに板をしゃくるだけのショービットがあります。


ここで紹介するのはテールを弾かないショービットです。






ショービットのやり方



ショービットの重要なポイントを押さえてみましょう。


それは板をしゃくるときに地面にテールをつけないということです。


動画でのショービットをよく見ると、テールが地面についていないことが分かります。


このように回転させることは魔法のように思えるかもしれませんが、大丈夫です。


ちょっとの練習でできるようになります。


やり方を理解しただけでできちゃうかもしれません。


では、やり方について詳しく説明していきます。


このトリックについては、前足はさほど重要ではありません。


後ろ足が全てと言ってもいいくらいです。


前足を置く場所は、だいたい前のボルトの近くです。


トリックをする時に、前足がノーズの遥か上にいき過ぎないように注意します。


そうなってしまうと前足を下ろす時にあまりにも距離があるので着地が不安定になります。


動画の通り、前足は動きに合わせてボードに乗せるだけなので重要ではないのです。


重要なのは後ろ足です。


後ろ足を置く場所は、テールで少しつま先がはみ出るくらいのところです。


そうすると、つま先でうまくボードのエッジをとらえることができてボードをしゃくりやすくなります。


両足をボードに乗せた時に、十分にバランスがとれていて、いつでもトリックに移れることも重要です。


早速ショービットに挑戦してみましょう。






ショービットの練習のコツ



ショービットは、英語でshove itですが、shoveの意味は、ぐいっと押し込むこと。


つまり、後ろ足で背中側にぐいっと押し込むことですね。


後ろ足で背中にぐいっと押し込んで、ボードを180度回転させます。


その時にすぐに前足をボードから浮かせてボードの回転に合わせて着地します。


すぐに前足を離さないと、足が残されて回転だけしてしまうので、足をひねって怪我をしてしまいます。


前足での操作は必要ないので、することといえばボードの回転を邪魔しないことだけです。


安全な練習方法は以下の通りです。


後ろ足でとりあえずしゃくってみて、回転が安定するまで練習する。


それから芝生の上でチャレンジ。


芝生の上ならボードが変な方向に飛んでいかないので安全です。


芝生の上でちゃんと乗れるようになったらコンクリートの上などでチャレンジしてみましょう。


ポップショービットの方がかっこいいでしょうが、まずはこちらのショービットをマスターしましょう。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です