《まとめ》spencer nuzziによるオーリーで高く飛ぶ方法

一通りオーリーのやり方を学んで、練習をしてできるようにはなったものの、高く跳べなかったり、安定しないことがあります。この問題は人それぞれ異なりますが、よくある問題の解決の糸口になるよう動画で紹介されています。



オーリーを高く飛ぶ方法



動画では、てっとり早くオーリーを高く飛ぶことができるためのコツを語っています。


あなたは多分オーリーのやり方を知っているでしょう。


でも何らかの問題は残っているかもしれません。


後ろ足が先に落ちてしまうとか。


変な形になってしまうとか。


だからあまりオーリーに自信が持てず、いつまでも他のトリックに挑戦することもできません。


ここで、コツを知っただけでは、当然大きいフェンスなどを飛び越えることができるわけではありません。


自分のジャンプ力以上の力を出すことはできないからです。


重要なのは、自分の能力で最大限の綺麗なオーリーをいつでもできるようにすることです。


今抱えている問題をクリアするだけで飛躍的に高さが上がるでしょう。


そうなると何度でも高くオーリーすることができます。


まず最初に悪い例を挙げましょう。


高く飛ぶには思いっきりすり足を利用すればいいのだと思うかもしれません。


だから、いつものスタンスをいじってみます。


後ろ足はテールの端に、前足は極端にテール寄りに置いて、思いっきりジャンプしようとします。


でもこれでは高く飛べないでしょう。


その理由は、極端にテール寄りに置いてしまった前足がすり足として機能しないからです。


だからスタンスを初心に帰って見直すことが重要です。


前足はボードの真ん中あたりに置いて、後ろ足はテールに置きます。


スタンスが決まれば、あとはオーリーに挑戦するだけです。


バランスを保ちながらジャンプをすることが重要なのは当然です。


オーリーの基本スタンスはいじらない方がいいでしょう。


それから膝を曲げてバネを使って高く飛ぶようにします。


ただし、これも極端にしゃがみ込む必要はありません。


あと、これが一番重要なことかもしれません。


それは前足の擦り上げについてです。


前足はノーズの端にスライドさせながら擦り上げていき、ずっとノーズの先端でキープします。


これは着地する寸前までキープします。


前足がノーズの先端に到達する点がほぼ最高到達点になります。


それから高さをキープしつつ後ろ足も前足の高さに揃えて板を平行にさせます。


ここでの重要なポイントは膝を曲げることです。


十分に膝を曲げて、顎が膝につくくらいしっかりと曲げると高さをキープすることができます。


ここまでの説明で、最重要のポイントは2つです。


1 前足をボードの先端までスライドする


2 膝を空中で思いっきり曲げる






オーリーのイメージをつかむ練習



普通のジャンプは両足で飛びますが、オーリーは違います。


前足を上げて、後ろ足を上げます。


この動きを理解していないと一向にオーリーができるようになりません。


両足ジャンプではなく、あくまでオーリーのジャンプであることを頭に入れて体に染み込ませる必要があります。


ただ、オーリーで飛ぶことができるようになっても、闇雲に練習しただけでは高さが上がらないかもしれません。


そんなときのための練習方法を紹介します。


高さが停滞している時は物を飛び越える練習もいいでしょう。


物を飛び越えなければいけない時は、自然と体が落ちないようにキープするので、高く飛ぶ感覚をつかむことができます。


それから先で紹介したような空中で膝を曲げる姿勢を覚えることもできます。


乗り上げたり飛び越えたり、実戦的な練習が上達する秘訣かもしれません。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です