《まとめ》spencer nuzziによる how to ボードスライド

spencer nuzziによるボードスライドのハウツー動画の紹介をします。ボードスライドはレールやレッジなどのセクションを利用したトリックで最も基本的なものの一つです。基本とはいっても、決して簡単なものではないので、練習のコツやヒントは役に立つと思われます。



ボードスライドについて



ボードスライドはどこでするトリックなのか?


ランプでしたり、レールでしたり、あるいは、レッジやカーブなどあらゆるところでできるトリックです。


言うなれば座椅子でも?


このようにどのようなセクションでもできるトリックですが、今回はフラットバーで行います。


フラットバーといえば、どこのスケートパークにでも置いてあるセクションです。


小さいものなら安い価格で購入することもできます。


広い庭があるなら自宅で練習することもできますね。

ツムラスケートボードセクション ストリート スケートボードレール 角パイプ 送料無料

価格:21,600円
(2018/6/19 19:28時点)
感想(2件)




では、ボードスライドについて説明をしていきましょう。


ボードスライドは単純なトリックです。


セクションに対して、ボードの真ん中あたりをスライドさせるだけです。


ただそれだけなので、イメージはしやすいでしょう。


あとは練習あるのみです。






ボードスライドの練習



ボードスライドに挑戦する際には、まずはじめにセクションの上でバランスをとる練習をしましょう。


セクションの上でふらふらしていては最後までスライドすることができません。


もし片方に体重がかかってしまうと落ちてしまいます。


セクションの上でバランスをとる以外に重要なことは、きれいなオーリーができるということです。


オーリーをしなくても乗れてしまうようなセクションはありますが、基本的にはオーリーをしてセクションに乗るものと考えましょう。


少なくともセクションにボードを平行にした状態で乗ることができる程度のオーリーは習得しておかなければいけません。


ここからはオーリーができるという前提での話になります。


ボードスライドをするためにオーリーをするとき、肩を回して上半身をレールに向けます。


肩を回すだけです。


ボードを回す意識を持たなくても大丈夫です。


心配しなくてもボードは付いてきてくれます。


要するに、ボードスライドをするには、完璧なオーリーをして、きれいに90度回さなければいけないのです。


きれいに90度回っていなければボードスライドと呼ぶことはできません。


スライドをするときには、体の真ん中でしっかりバランスをとります。


もしスライドをするときにバランスが崩れてしまうと、前にすっぽ抜けたり、逆に後ろにすっぽ抜けたりして危ないことになってしまいます。


もう一つよくある失敗は距離の見誤りです。


十分スライドしなくて、セクションの途中で止まってしまうことです。


セクションの最後の方までバランスを保つことができたら、そのまま降りるだけなのでボードスライドの完成です。






練習のヒント



ボードスライドをするためにはバランスをとることが重要です。


そのための練習をしなければいけません。


例えば、ワックスが塗られていない滑らないセクションに乗る練習をしてみましょう。


駐車場のブロックがいいと思います。


簡単に乗れるし滑ることもありません。


色々なセクションで試してみて、バランスがとれるようになったら、いよいよボードスライドができるようになる頃です。


はじめに練習するときは、セクションの終わりの方で練習するといいでしょう。


そうすると、もし失敗してもできる限り危険を回避することができます。


危ないと思ったらボードを捨てて飛び降りたらいいのです。


最後に、バランスをとるためのコツです。


動画の実演を見てわかる通り、ボードスライドをしている最中は両腕を広げてバランスを取っています。


それから、着地のときは少し膝を曲げて衝撃を吸収しています。


膝は棒立ちにならないように軽く曲げておくことはどのトリックにおいても共通して言えることです。


これらのことを意識して行うとバランスがとりやすいでしょう。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です