《まとめ》spencer nuzziによるステアの飛び方

ステアをオーリーで飛ぶ方法を紹介します。ステアなど、あるものから飛び降りるには綺麗なオーリーができなければいけません。オーリーができるということを前提に、安全に練習する方法が紹介されています。

オーリーでステアを飛ぶために準備すること



飛ぶ前に備えておくべきことがあります。


これから紹介する二つのことを練習しておくと、実際にステアを飛ぶ時に自信を持つことができます。


一つ目は、ローリング・オフを習得することです。


ローリング・オフという名称の技術はないかもしれませんが・・・


これは、オーリーをせずに、ただ単にセクションをまたぐだけです。


ローリング・オフはカーブ、ベンチ、テーブルなど色々なところで練習できます。


この練習をすると、飛び降りる時にボードをキープすることができます。


ボードをキープできなければ、着地する時に姿勢を崩して足元にボードがなくて着地に失敗したり、おかしな角度で着地して怪我をしてしまいます。


もう一つ重要な備えは、ローリング・オーリーです。


ローリング・オーリーもまた聞きなれない言葉ですが、要するに、板を真っ直ぐにすることです。


真っ直ぐではないオーリーは、打ち上げられたロケットのようなので、ロケット・オーリーと呼ぶことにします。


ボードを真っ直ぐにできなければ、静止状態からオーリーをしても不安定な姿勢なので、ステアから飛び降りるとどうなってしまうか想像できますね。


だから、飛び降りることに慣れることと、ボードを真っ直ぐにする技術を習得しておかなければいけないのです。


これらを習得したら、いよいよ実践練習です。






ステアの実践練習



ステアを飛ぶ時には、適切なスピードが重要です。


でも、その適切なスピードとはどれくらいなのかということについては簡単に答えることはできません。


なぜなら、ステアの形や大きさは違うし、路面など色々な要素が違うので、アプローチするスピードはいつも違うのです。


速すぎても遅すぎてもいけません。


まさに適切なスピードをつかまなければいけないのです。


ここで、もう一つポイントがあります。


それは、いつオーリーをするのか。


そう、タイミングです。


前輪がステアの端から抜け出そうとしてる時にオーリーをします。


着地をする時は、言うまでもありませんが、4輪同時です。


そのために、準備としてローリング・オーリーの練習をしたのです。


動画での実演で、横からのアングルを見てみると、確かに前足でローリングしているような動きになっています。


前輪で先に着地しようとすると前のめりに転んでしまいます。


後輪が先なら滑ってボードを吹っ飛ばしてしまいます。


だから重心をボードの真ん中でキープして4輪で着地しなければいけないのです。


このことは、準備で練習した2つのことがよく活きてきます。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です