LINEで手軽に株式投資ができる

LINEで株式投資ができるようになりました。手軽さが最大の売りで、これまで株に興味がなかった初心者に向けてのサービスのようです。しかし、こういった初心者向けのサービスはほとんど素人をカモにするサービスと思った方がいいのでは?

LINEで株式投資ができる



2018年10月18日、LINEがインターネット証券のフォリオと組み、資産運用サービスを始めました。


スマホの対話アプリで手軽に株式を組み込んだ金融商品を売買できるサービスとのことです。


このサービスの狙いは、若年層を中心とした投資の初心者を開拓するためのようです。


これから金融とITが融合したフィンテック事業を拡大していく狙いだ。


使用方法はとても単純です。


また、このLINEスマート投資では、色々な投資テーマごとに10銘柄の株式を組み込んだ投資商品を取り扱っています。


投資金額は10万円前後からで、手数料は売買代金の0.5%です。






手軽な投資は怖い



LINE株式投資の最大の利点は手軽さです。


今はほとんどのスマホユーザーがLINEを利用しています。


スマホでの操作なら、いつでも手軽に見ることができます。


証券会社のアプリもありますが、それはあくまで投資としてのツールというイメージが強すぎます。


ところが、LINEのサービスのひとつだという認識であれば、ゲーム感覚で投資の世界に入ることができます。


しかし、手軽さというのは素人にとっては怖いものだと思われます。


素人が投資をする場合、あまり動くと良い結果がでない傾向があります。


私は初めて株式投資をした際は10万程度の少額投資からでした。


少額だからあまり損得が出ないです。


でも投資に慣れてないものだからちょっとした値動きにビクビクしてしまいます。


数千円含み損が出たくらいで怖かったものです。


その結果、ちょっとした含み損でビビッて損切りをしてしまいましたが、その後株価が回復して上昇していきました。


株式投資は大抵の場合、ずっと持ち続けていれば損をすることは稀です。


例え一時的に含み損を抱えていたとしても、長期的に考えれば株主優待と配当金で元が取れてしまうからです。






スマホ依存で簡単にお金を浪費してしまう



スマホがあると場所を問わず見てしまいます。


今では電車の中では満員電車にも関わらず平気にスマホを開いてゲームに夢中になってるくらいです。


スマホのゲームは初期投資こそほとんどかからないものの、ハマりだすと課金やらでどんどん出費が増えてしまします。


特に、それなりの資金のある社会人がはまりだすと仕事をしながらでも課金をしたりしています。


これが株式投資になるともっと恐ろしい。


株価がきになるので仕事に手がつかない。


ちょっと株価が下がるとパニックになって追加で売買してしまいます。


こういうポリシーのない投資はかなり危ないことで、良い結果が出ないことの方が多いでしょう。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です