香港ーマカオ間の橋が開通

香港とマカオを結ぶ橋が完成しました。船での交通が主流でしたが、交通の選択肢が増えることにより経済・観光がより一層活発に動くものと目論みされています。

香港ーマカオ間の橋が開通



香港とマカオを結ぶ世界最長の海上橋が2018年10月24日誕生したらしい。


その長さはなんと全長55キロメートル。


香港国際空港があるランタオ島とマカオ、珠海を結び、総工費は1兆6千億円とのことです。


これまでは、香港と珠海は陸路で4時間かかっていたものの、この橋では45分に短縮されるそう。


香港とマカオはフェリーで1時間ほどで行き来していたものが、この橋により30分で交通可能となりました。


橋の開通により域内での事業が発展するものと目論んでいるそうです。






これまでの香港ーマカオ間の交通



香港からマカオ、マカオから香港に行くにはフェリーの選択肢しかありませんでした。


陸路がないから当然といえば当然です。


フェリーの運賃は片道でだいたい4000円〜5000円ほどです。(格安チケットも販売されていますが)


運行時間は、昼便と夜便に分かれています。


昼便の場合は30分おきに、夜便の場合は1時間おきに出港となっています。


これだけ多くの便があれば、さほど不便は感じないのかもしれません。


一方、橋の場合の運賃は、現在、乗用車で2400円に設定されているそうです。


観光の場面を想定して、レンタカーを借りるとなると、車代も上乗せされるので、時間の短縮と引き換えに多少の出費がかさむことになります。


利便性をとってもどうかというところがあります。


香港とマカオを行き来するには入国審査が必要です。


バスを利用するにあたっても入国審査が必須です。


一旦新島で降ろされて、そこで入国審査を受けてから、その後またバスに乗ります。


飛行機で例えると、乗り継ぎ便のような感じです。


乗り継ぎをするのはかなり面倒なことで、時間が短縮されるのかどうか微妙なところです。


観光には便利になったのかどうか疑問に感じることはありますが、使い方によっては安く速く行くことができるのではないでしょうか。






日本の最長の橋は?




香港の橋の長さは55キロですが、日本の最長の橋は明石海峡大橋。


長さは3911メートル。


私が小学生の頃開通して、その頃は世界最長の橋だと言われていた記憶がありました。


それは世界最長の吊り橋ということだったようです。


現在も世界最長の吊り橋として記録されています。


吊り橋の定義は、鋼などの張力で吊り下げ支える形式のもの。


写真を見て見ると、確かに明石海峡大橋は全てワイヤーでつながっていますが、香港の橋は部分的にワイヤーが使われているものの全てが繋がっているわけではありません。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です