コンビニ各社がスマホアプリ決済を相次いで導入

コンビニエンスストア各社がスマートフォンアプリ決済を相次ぎ導入している。スマホアプリ決済はミニストップが新たに導入し、ファミリーマートやローソンもサービスを拡充しようとしている。決済手段を多様化して顧客の利便性を高めようとすることが狙いのようだ。コンビニのキャッシュレス決済は時間の短縮もあるが課題もありそうだ。

レジでのキャッシュレス化



コンビニでの支払いで、現金以外で支払う客が増えているそうです。


確かに、現金を財布から出してお金を計算するのは面倒です。


お釣りのことを考えると、1円単位で出して小銭を減らすほうがいいからです。


その点、クレジットカードなどのキャッシュレスでの支払いにすると小銭のことを考える必要はなくなります。


この財布からお金を出す手間は、わずか数秒のことですが、頻繁に買い物をする人にとっては大きな差と考えることができます。






利便性が増すということについては疑問がある



クレジットカードで支払うことは良いことしかありませんでした。


過去形になってますが、それはコンビニでの支払い方法が変わってしまったからです。


今はキャッシュレス用の端末で自分でクレジットカードを通すようになっています。


自分で通すことは別に煩わしいことではありません。


しかし、セルフで支払いをする過程が煩わしいと感じます。


レジで会計をする際に、現金以外で支払う場合は、わざわざ支払い方法を述べる必要があります。


スマホで決済するのか、クレジットカードで決済するのか。


キャッシュレス決済を好むものにとっては、無言でコンビニを利用することが不可能になりました。


朝早くに寝起きにちょっと朝食を買うときなどは、頭が覚めていないし誰とも会話したくないのですがどうでしょうか。


私の場合、買い物で特に店員と会話したくない派ですが、中には人と話すことが好きでたまらない人もいるし、それは人それぞれかもしれません。


個人的な性格の特徴は置いておいても、やはり利便性ということについては疑問が残ります。


究極の利便性はキャッシュレス化ではなく、無人化だと思います。


世の中、舐められやすい職業はどうしてもあります。


タクシー運転手、駅員、コールセンター、コンビニ店員などです。


どれも日常的に人を相手にする職業です。


電車遅延の時、駅員に怒鳴り散らしているバカはいますが、それは文句を言う相手がいるからです。


機械に対して長々と文句を言っている人はいません。


コンビニ店員もバカを相手にすることは多々あるでしょう。


やはり単純な作業は無人化が良いように思われます。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です