有給休暇取得世界最下位

とにかく真面目な日本人。生産性も独創性も無いが、与えられたことはきっちりこなします。毎日多くの人がサービス残業でせっせと働いていますが、やはりこの良いとは言えない労働環境で、有給休暇取得も世界最下位という結果を見事に叩き出しました。

世界の有給休暇取得事情



2019年4月1日から年5日の有給休暇取得が義務付けられる日本。


え?ほんとに?


初めて知りました。


そんなことニュースでしていた記憶はないのですが・・・。


テレビをあまり見ないからかな。


でも、朝のニュースでは取り上げているところを見たことがありません。


会社でもそのような通知はされていません。


もうすぐ始まる重要事項なのに。


この国民はあまり有給休暇取得に対して興味がないのかもしれません。


その証拠に、このような面白いアンケート結果があります。


下記はエクスペディアという旅行サイトが行ったアンケート結果で、世界19カ国の有給休暇取得に関するアンケートを実施しての結果です。


世界19ヶ国 有給休暇・国際比較調査2018


世界19カ国中、日本の有給休暇取得率は50%であり、3年連続最下位です。


次がオーストラリアの70%です。


ちなみにオーストラリアはほとんど残業しない国です。


つまり、ただの最下位ではなく、日本だけずば抜けての最下位なのです。


日本人は有給消化が全然できていないとは感じていましたが、これほど差があるとは改めて驚きです。


でも50%は結構みんな取っているなという感じがします。


20日付与だとすると、10日取っていることになります。


これまでの社会人生活で、色々な職場を渡りましたが、年間10日取っている人はあまり見たことがありません。


あくまで平均なので、20日きっちり取ってる人とほとんど取れない人に分かれているのでしょう。






奴隷体質の日本人労働者



このアンケート、掘り下げてみるともっとひどい。


日本の闇はかなり深そうだ。


日本人は、有給休暇を取得することに罪悪感を感じる人がいるとのことです。


日本の職場でよく聞くフレーズにこんなものがあります。


「申し訳ありませんが、明日有給休暇を取得させていただきます。」


で、休みをとって旅行から帰って出勤したときにもおきまりのフレーズがあります。


「ご迷惑をおかけしました。つまらないものですがどうぞ。」と言いながらお土産を渡す。


ビジネス日本語のテキストにも載せたらいいんじゃないかと思うくらいあたりまえにように言われています。


極め付けに、なんと、ダントツに有給休暇の取得率が低いのにも関わらず休み不足と感じていないらしいのです。


週5日働くのは当然で、はじめから決まっている休み以外に休むことは罪だと考えているからです。


この環境がおかしいと思うことなく40年も働くことができるのは奴隷体質としか言いようがないです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です