ふるさと納税の制度が大幅に改悪

ふるさと納税は今や国民に人気の節税対策です。しかし、人気になりすぎたため、ぼろ儲けにならないように制度が改悪になってしまいます。改正は一部ですが、寄付者にとってはメインとなる部分なので、大幅な改悪と言っていいでしょう。

税制優遇 3割までに



政府・与党はふるさと納税の制度を抜本的に見直すことを決めているらしい。


都道府県や市区町村に寄付すると、特例として税額控除が受けられます。


ところが、この税制控除について、返礼品の金額が寄付金の3割以下となる地場直産の場合に限定するようになる。


基準を満たすかどうかは総務省が指定する。


要するに、国が決めた基準以上の高額返礼品の場合は税制優遇除外となるというわけです。


19年度税制改正大綱に盛り込まれ、これを受けて総務省が地方税法の改正案を19年の通常国会に提出し、適用は19年6月から。






返礼品こそがふるさと納税のメリット



ふるさと納税は、寄付をすると返礼金の品がもらえます。


寄付をするモチベーションは、返礼品によります。


どの自治体に寄付するかどうかは、いかに元を取りお得に品を受け取れるかで決定されます。


この考えはもはや寄付ではなく投資のような感じになっています。


だから国が制度を改悪して国民に利益をもたらさないようにすることは当然の施策かもしれません。


国は国民が簡単に儲けることができるということは基本的には許さない。


税収を上げることが仕事なので、節税させることには必死に食い止めようとします。






今年が最後のふるさと納税かも



これまでは知る人ぞ知るおいしい制度でしたが、今では有名になりすぎました。


テレビやCMで頻繁に宣伝している頃、なんか嫌な予感がしていました。


その予感は悪い意味で当たってしまいました。


1万円寄付をするとすると、2千円は自己負担になります。


となると、税制控除を受けるためには1万円のうち3割までなので、寄付金額は3千円が上限です。


この場合、お得感は千円です。


小額寄付だとこんなものかと思いますが、これが数万円の寄付となると返礼品の上限額がネックになってしまいます。


寄付金額が多い方が返礼品の高級感が上がる傾向ですが、いくら寄付をしてもお得感はあまり変わらないという事態になるのです。


ちなみに、今年は1万8千円寄付して、カニを6匹もらいました。


1匹が1,500円として全部で9千円です。


これだと5割くらいの返礼品なのでアウトですね。


このことから、ふるさと納税は今年で最後なのかなと思っています。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です