通ったことのある英会話スクール

英会話スクールやオンライン英会話を色々検討した結果、DMM英会話が一番コスパがいいんじゃないかと思いました。今は英会話に関してはDMM英会話一本に絞って毎日受講しています。そのなかで感じたことや今行なっている工夫をまとめてみました。今回は通ったことがある英会話スクールについて書いていきます。

ECC外語学院



ずいぶん前のことなのでうろ覚えで書いています。


大学卒業して社会人のたしなみとして初めてみたお稽古です。


英語の勉強は大学受験以来ほとんどしたことがなく、志も低かったです。


なので特に希望もなく、カウンセラーの言われるままに初心者クラスの1年コースを受講しました。(その後他の資格の勉強に忙しくなり3ヶ月で辞めてしまいました)


月にするとだいたい2万円くらいだったと思います。


新卒の若手社員が手を出せるくらいでしたから良心的な価格設定です。


まず、レギュラーレッスンがあり、レッスン形式はバイリンガル講師一人に対して生徒4人くらいで行われていました。


バイリンガル講師ですがレッスンは全て英語でした。


今では日本人に英語を話す方が変な気がしており、オンライン英会話で日本人講師を選択したことはありません。


でも当時は初心者なので安心して受講できたと記憶しています。


このレギュラーレッスンに加えて、ネイティブと1対1か2くらいで話すフリータイムレッスンがありました。


レッスン時間は80分だったかな。


海外出版の教材を使用して、基本的にテキストに沿ってレッスンが進められていました。


ペアを組んでロールプレイをすることもあったし、個々に質問をふられることもありました。


でもグループレッスンなので、英語を話す時間はそんなに多くなかったかな。


レギュラーレッスンは英語への慣れやインプットを目的としているような感じで、もうひとつのフリータイムレッスンで発信力を補うというシステムでした。


今でもこの形式をとっているようですが、レギュラーレッスンとオンライン英会話でコストを抑えられそう。


ECCの良いところは、多分中学レベルの英語も怪しい超初心者でも安心して通えるところかな。


初心者でも長いスパンで通えば上達はするでしょうね。


文法も語彙もテキストから学ぶことができるので受け身スタイルでも大丈夫です。


がっつり勉強ではなく習い事気分ではじめられます。


ただし雰囲気も緩いので成長曲線も緩やかだろうなという印象です。






ベルリッツ



ベルリッツはおそらく英会話スクールの中では最高峰です。


最初にレベルチェックの試験が行われます。


当時はToeic750くらいでしたが、テストの判定としては8段階中で一番下よりやや上という結果でした。


私がたまたまそういうのではなく、他のブログや口コミを見てみると800超えていても一番下というのがザラのようです。


日常英会話は10段階、ビジネス英会話は8段階に分かれています。


私は夏の夏期集中講座を受講して、5日間で30レッスン受講しました。


週一回のレッスンとすると、半年くらいのコースに相当しますが、受講料は222,880円でした。


月換算で37,000円になりますが、これでも夏のキャンペーンで、さらに平日昼間に受講していたのでかなり割引されています。


高いけど高いなりの理由はあるかなと感じました。


講師は割としっかりしています。


講師によりけりですが、平均レベルは高いと思われます。


レッスンはオリジナルのテキストに沿って行われますが、テキスト外の表現も教えてくれます。


さらに、個人の仕事に合わせてカスタマイズしたシチュエーションで教えてくれます。


「教えてくれる」と重ねて書きましたが、その通りでベルリッツの講師は教師でした。


その辺の外人を集めているのではなくて、皆教える熱意があると感じました。


だからレッスンは結構ハードで大変でしたね。


マンツーマンでずっと喋りっぱなしでした。


ECCのネイティブ講師とのレッスンではただ普通にテキスト通りに会話をしているだけでしたね。


30レッスンくらいでペラペラになるなんてことはないけど、話した内容をちゃんとフィードバックして、ネイティブに通じるフレーズを実践を通じて学ぶことができるからとても有意義な時間だったと思います。


自分の職場の紹介とか、習ったシチュエーションなら今でもよく覚えていてさらっと言えたりします。


ある程度の英語力が備わっていて、週2ペースくらいで通ってると、特に意識は高くなくても仕事で英語を使えるようになるんだろうなと感じました。


ただし、コストがとても高いのだけがネックです。


受講中に、レッスン中に講師に自腹で通っていると話したらとても驚かれました。


生徒の多くは会社がお金を出して連れて来られてるそうだよって。


会社が社員に英会話を勉強させるとうケースではなく、個人で通い続けるのはコスパ的には無理がありそう。


というわけで、普通の一般人が留学でもなく駐在でもなく英会話をできるようになるにはオンライン英会話が現実的でしょう。


長くなってしまったのでオンライン英会話については次回に書きます。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です