受講したことのあるオンライン英会話

これまで受講したことのあるオンライン英会話を紹介します。それぞれに特徴はあるかと思いますが、やっぱり最大手のDMMが一番かな。個人的な意見ですが・・・。

1. ECCオンライン



一番最初に受講したのがECCオンラインでした。


料金は昔は安かったけど、今はそれほど安くはない。


初心者が英会話をはじめてみるには良いと思いました。


というのは、ECCで実際に使っているテキストで受講することができるからです。


ECCポッドキャストと併用すると、ポッドキャストで覚えたフレーズをオンラインレッスンで実践することも可能です。


フィリピン人講師しか受講したことがありませんが、一度だけお試しレッスンでネイティブコースの体験をしたことがあります。


その時の講師は、ECCポッドキャストでもおなじみの、ユキオ・ナガト先生でした。


テキストに載っていること以外に、実践的な言い回しなどをチャットボックスなどを使って教えてくれました。


ECCでの良いことは、専用のシステムを使用するので、チャットボックスだけでなく、システムの画面を黒板のように使いながら教わることもできるということです。


ネイティブコースを受講する場合、インプットにおいても利点があると感じました。


ただし、少し割高。






2. ネイティブキャンプ



ネイティブキャンプでの特徴は、なんといっても喋り放題のプランがあるということ。


喋り放題のプランは、他のオンラインレッスンでもあると思われるでしょうが、ここの喋り放題は本当の意味で喋り放題なのです。


1日1回という制限はなく、いつでも何回でも受講できます。


朝から晩までずっとオンライン英会話をすることも可能なのです。


受講料が値上がりがされることもありましたが、今でも1万円以内です。


このネイティブキャンプはカランメソッドの公式認定校で、ここで初めてカランメソッドを知りました。


カランメソッドを終えてから(正確には終わっていませんが、それについては別の記事で書きます)、DMMへ移りました。






3. DMM

今受講しているのがDMMですが、多分オンライン英会話については今後もDMMになるだろうなと思っています。


コスパで言えば最強だと感じています。


私はネイティブコースを受講しています。


受講料は1万5000円ほどで、少々高いかもしれませんがとても満足しています。


私が現在ネイティブコースにこだわっている理由はモチベーションのためです。


英会話レッスンって、教材のダイアログをリピートとかしますが、フィリピン訛りの英語を真似てもなんだかなという感じがしてました。


非ネイティブから発音が良いとか悪いとか言われてもどういう感じで受け取って良いのか分かりませんでした。


人によってはアメリカ人のような発音のフィリピン人もいますが、すごい訛りの人もいました。


その点、ネイティブ講師ならそのような心配はなく、聞き取りにくくてもこれがネイティブの発音なんだと素直に学ぶ気持ちにもなれます。


ただ、これは気分的な問題なので、英会話をするということならネイティブ講師にこだわる必要はないと思います。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です