DMM英会話 新システム導入

DMM英会話のレッスンシステムが新しくなっていました。何ヶ月か前にもレッスンシステムが導入されていましたが、今回のシステムの方が良さそうです。

従来のシステムはメリットがあまりなかった



DMM英会話は、スカイプを通してレッスンを受けるものでした。


レッスンシステムを利用することで、講師と同じ画面を共有しながらレッスンを受けることができます。


でも、以前のレッスンシステムでは、WEB上のレッスン画面と同時にスカイプを立ち上げて、スカイプでレッスンを受けるので結局面倒なだけでした。


WEBでレッスンが始まるのを待っているわけですけど、コールを受けるのはスカイプからなので変な感じがしていました。


あとは、メモ書きについても問題がありました。


WEBでもメモ書きができる仕組みにはなっています。


しかし、スカイプでもメッセージの書き込みはできます。


どちらにも書き込みができる状態というのはやっぱり良くありません。


自分が話した英語に対して、講師が訂正をしてくれる時がありますが、WEBを見ていて更新されないなと思ってたら、スカイプの方に書き込みがあったりします。


やはり今まで使ってたスカイプの方でレッスンをしてしまうのでしょう。


だから従来のシステムでは、あってもあまり意味のないものでした。






新システムはスカイプが不要



新システムでは、WEBシステムだけでレッスンを受けることができます。


これにより、スカイプも利用しなければいけないという従来のシステムでは煩わしかった問題点は改善されました。


画面はシンプルで見やすいのでいいと思います。


左側に教材が表示されて、右上に講師の映像、左下にメモ欄があります。


このシステムはまだベータ版ということで、改善途中のようです。


レッスンを開始するときに、「レッスン開始」ボタンをクリックして設定に進みますが、私の場合はここで不具合が起こりました。


マイクとカメラを設定しますが、何も考えずに進んでいくと、相手からこちらの声が聞こえないという事態に陥りました。


私はmacbook使用ですが、どうやらカメラを設定するときに、「自動」ではなく「内臓マイク」を選択しなければいけないようです。


2回目以降は何も不具合なくレッスンを受講することができました。


随時サポート機器を増やすとのことですので、使用する機器によって設定方法が違う可能性もあります。






DMMのレッスンシステムの課題



独自のシステムを導入したことは良いことだと思います。


割と使いやすいので今までよりレッスンを受けるまでの負担が減りました。


システムについての課題ではありませんが、DMMのレッスンについての課題はありそうです。


DMMでは一見、教材の数が多いように思えますが、中級〜上級レベルの教材は不十分だと思われます。


デイリーニュースはトピックの難易度こそあげることはできるけれど、会話力の向上において上達するものではないと感じています。


中級くらいなら言い回しを増やしたいですが、毎日やっているのでそろそろ教材を消化してしまいそうです。


これからデイリーニュース中心にやるとすると、講師の選択と要望を考えなければいけないでしょう。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です