自分はレギュラーなのかグーフィーなのか決める方法

自分はレギュラースタンスかグーフィースタンスかを選ぶことは、スケートボードを始めるときにはいつも付いて回る問題です。スケートボードを始めようとするとき、2つの違った立ち方があります。それがレギュラースタンスとグーフィースタンスです。
レギュラースタンスは左足を前に置くスタンスで、グーフィースタンスは逆で右足を前に置くスタンスです。自分がレギュラースタンスがいいのかグーフィースタンスがいいのか選ぶ方法として、3つの方法が例示されています。
“自分はレギュラーなのかグーフィーなのか決める方法” の続きを読む

スケボーで美術館前の広場破損…賠償請求検討

スケートボードに関する残念なニュースを紹介します。和歌山県立近代美術館の広場でスケートボードをしている人のせいで器物が破損されているとのことです。スケートボードはただでさえ一般人からの目が厳しいのに、こういった行為をしていると益々スケーターが肩身の狭い思いをすることになります。
“スケボーで美術館前の広場破損…賠償請求検討” の続きを読む

練習用具として使えるシック・トリックス

スケートボードのトリックで、特に飛び系のトリックを練習するのは非常に怖いものです。特に大人になってからスケートボードをすると、単純にオーリーをするだけでも怖さがあり、高くジャンプすることができません。それは、スケートボード自体が不安定だからです。そこで、安心して練習できる道具が開発されています。
“練習用具として使えるシック・トリックス” の続きを読む

スケートボーダーに必要なワークアウト

スケートボーディングはそれ自体が全身運動ですが、もっと力強くて安定したスケーティングをするために筋肉を鍛えるという案があります。下記のワークアウトは冬場や怪我をしていてスケーティングができないときでも行えるもので、スケートボードパフォーマンスを向上させることができます。
“スケートボーダーに必要なワークアウト” の続きを読む

スケートボーダーは何を食べるべきか?

スケートボーディングは米連邦防疫センターによると自転車やハイキング、ローラーブレーに相当する適度な有酸素運動です。少なくとも週に3回45分以上のスケートボーディングをする人は身体能力を向上させるには適切な栄養が必要です。これは自身のトップレベルのスケートボードパフォーマンスを維持すると同時に健康な体重と適切な筋肉機能をサポートします。
“スケートボーダーは何を食べるべきか?” の続きを読む

Vansよりポストモダンシューズ?のウルトラレンジプロをリリース

Curren Caples はスケートの未来として認められる究極のポストモダンスケーターです。今ここに、Vansのいくつもの最新技術を結集して、ついに彼のスケートスタイルに負けないくらいのシューズの開発に成功しました。Currenもこのウルトラレンジプロのフィット感に満足しています。
“Vansよりポストモダンシューズ?のウルトラレンジプロをリリース” の続きを読む

リアル発の新しいビデオ「By Any Means」

リアルから新しいスケートボードビデオがリリースされました。リアルの設立したチームの全てが素材ですが、そこにはリアルの将来を背負って立つ若い世代も多く含まれています。最初から最後まで純粋にスケートボードを楽しめるビデオになっています。
“リアル発の新しいビデオ「By Any Means」” の続きを読む

Vansよりギルバートクロケット2がリリース

Vansで最も人気のある商品の一つであるギルバートクロケットの第2弾のシューズがリリースされました。2017年にカラーが刷新されて再登場です。Vansホームページによると、ブラック、グレー、ブルー、レッドの4色が見られます。Vansの一部のプロモデルでは最高レベルの技術が使われているので注目せざるをえません。
“Vansよりギルバートクロケット2がリリース” の続きを読む

なぜビーガンで肉体を維持できるのか

近年ビーガンのアスリートが増えています。日本ではビーガンという言葉は聞きなれないかもしれませんが、要するに徹底したベジタリアンということです。つまり、肉や魚を一切食べないということです。それなのに肉体を維持できるのは一見不思議に思えますが、実は肉類を食べなくても筋肉は作ることができるのです。
“なぜビーガンで肉体を維持できるのか” の続きを読む

スケートボードをするときにヘルメットを着用すべきかどうか

スケートボードは他のスポーツと比べて怪我をする可能性が高いことは間違いないことですが、普段の練習でもヘルメットをするべきでしょうか。上手くなるにつれて、怪我をするリスクが高くなってしまいます。怪我で済めばいいですが、怪我以上のことになると自分だけでなく周りも辛い思いをすることになるということは心に留めておかなければいけません。
“スケートボードをするときにヘルメットを着用すべきかどうか” の続きを読む